タダルフィルは本当にEDが効くの

2016年08月29日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

ED(勃起不全)といってもその原因は多種多様です。しかし、EDを治療したい人からするとED治療薬を使った治療が有効なら使ってみたいと思う人が多いと思います。ED治療薬というとタダラフィルは近年非常に有効的な薬として認知されていますが果たして本当にEDに有効かどうかを見ていきたいと思います。
EDの原因は多種多様だといいましたが大きく分けて考えると2つに絞ることができます。一つは心因性のEDで、もう一つは年によるEDです。
心因性のEDは若い人に多く見られることで有名で、過去のトラウマなどが原因とされています。例えば、初めて付き合った彼女と交際が進展し性行為をするとなったときに相手の女性が経験豊富かつ男性が初めてというときに性行為が上手くできなかったために女性から何かを言われて、それがトラウマとなりEDとなってしまうのです。
これと異なり、年によるEDというのはトラウマ等が原因ではありません。人は若い頃は性欲が強いものです。例えば、男性の皆さんなら経験があると思いますが、ちょっとしたことで勃起をしてしまうなどいつでも性行為ができるような体になっています。
しかし、人間も動物ですので年を取ると生殖の必要性が薄くなってきます。従って年を重ねるごとに性欲は減退していき勃起の質も悪くなりEDとなってしまいます。
では、これらを原因とするEDにタダラフィルは有効なのでしょうか。
一つ目の心因性のEDにはタダルフィルは非常に有効と言えます。理由としてタダルフィルを服用することにより勃起に成功し性行為を行う事により自信を付けていき、最終的にはタダラフィルなしでも性行為を行うことが出来るようになります。
しかし、一方で加齢によるEDは根本的な解決をタダルフィルで行う事は難しいでしょう。やはり、加齢によるEDは人間としての自然な仕組みですので治療薬をもってしても難しいです。ただ、勃起の質を改善させることによって性行為を成功させるという事はタダルフィルで十分に可能です。

ご参考:タダラフィルシアリスジェネリックは上記よりこちらが詳しいです。



4回転で4回の射精を可能に!

2018年02月17日 | カテゴリー 治療薬 | コメントする 

ピンサロの醍醐味
最近ではピンサロで花びら大回転と言う言葉を聞かなくなりましたが、もちろん存在します。花びら大回転というのは要は何人もの女の子とプレイをするということです。2回転なら2人と、3回転なら3人のピンサロ嬢と遊ぶということです。そして店にもよりますが大体のところが3回転までしか備えていません。それでも4回転を備えている店もあればそれ以上備えているお店もあります。
回転数を多くすると1人当たりのプレイ時間は短くなる傾向にあり、1人10分で終わってしまうと言うケースも少なくありません。そして私は一時期4回転を備えている店によく行っていたのですが、この回転数の多さこそがピンサロの醍醐味だと思います。
一つ難点なのが4回転で遊んだとしてもせいぜい2、3回くらいしか出せないということです。途中のピンサロ嬢相手に出せずに終わり悶々とすることは少なくありませんでした。

さらにピンサロを楽しむ方法
そんなモヤモヤを払拭してくれるのがED薬です。ED薬とは勃起力や回復力を手助けしてくれる薬で、エッチを楽しむアシストをしてくれます。このED薬を飲めば薬の種類にもよりますが4回転=40分程度位ならずっと勃起を持続することができます。
4回転で4発いくことができるし、ピンサロ嬢に「出せなくてごめんなさい」と申し訳なさそうに言わせることもなく、存分に楽しむことができます。
さらに残念なルックスのピンサロ嬢が来てしまったとしても性欲がいつも以上にあるので興奮して射精することができるのもいい点です!4回転だと1人くらいハズレの子が来るのですがED薬を飲んでしっかり4発出せるので最高です!

絶対ハマるED薬
いやいや自分はそんな猿みたいに出したくない!と思っていたとしても一度ED薬+ピンサロ嬢の複数回転を堪能してしまったらハマってしまうことだと思いますよ!やっぱり男に生まれたからにはたくさんの女の子とエッチをしたいと思うのではないでしょうか。
それを実現してくれるのがまさにED薬です。そしてピンサロ店が密集している風俗街なら1回転当たり1000円程度で遊ぶことができるので財布にも優しいです。とにかく何発もサクッといきたい!という人はハマること間違いなしです!



シアリスはスロースタートで長持ちのED治療薬!

2017年06月11日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

シアリスはちょっと特別なED治療薬
ED治療薬には3種類ありますが、その中でもシアリスはバイアグラ・レビトラとはコンセプトが異なる治療薬です。それはシアリスが長時間効果持続の性質を持っているからです。ちなみにバイアグラは3時間前後、レビトラでも20mg錠剤でさえ10時間と持ちません。しかしシアリスは最長で36時間も効果を発揮しますから、服用して1日半ずっと勃起力がえられるのです。ですが健康体の方であれば、36時間も要らないというかもしれません。あるいは性行為をしていない平時はどうなってしまうのか?と心配する人もいるでしょう。ですが、この時間的な余裕はケースによっては大きなメリットになります。まずED症状の方にとって、服用のタイミングを気にしなければならないバイアグラはストレスの元です。空腹時で性行為の1時間前、しかも効果が3~4時間と限定されては焦ってしまって性的興奮状態に入れない方もいます。その点シアリスは服用3時間後から効き始めて、しかも30時間以上も効果が継続しているので、週末を使ってじっくりとED治療に取り組みたいカップルには最適です。バイアグラよりも副作用が少ないというメリットもあります。つまり1錠服用すれば副作用も限定的、しかも週末たっぷり使ってじっくりとED治療が出来る優れた薬なのです。

36時間の持続性をもつシアリスの仕組み
ED治療薬以外のシアリスの有効成分はタダラフィルといって、主に勃起不全と肺動脈性肺高血圧症と排尿障害の治療薬として活用されています。このタダラフィルは、バイアグラやレビトラと同じ様に勃起状態を解除させる酵素・PDE-5の働きを抑制する効果がありますから、この薬が効いている間はマックスで勃起状態がキープできるという事です。シアリスには有効成分であるタダラフィルが5mg含まれた錠剤と、10mg・20mgの錠剤の3種類があります。医師による処方の場合は、個々の症状や反応によって薬の強さを調整させるのが一般的ですが、個人輸入による利用の場合は副作用も含めた使用上の注意を、十分に理解しておくようにおすすめします。



タダルフィルの効果はいろいろあるの

2017年01月16日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

ED(勃起不全)で悩んでいる人の中でED治療薬を用いた療法を考えている人もいると思います。そんな人はインターネットを使って色々ED治療薬について調べていると思いますが、特にタダルフィルについては色々な情報が載っており本当にED治療にいいのか疑問に思っている人も多くいるでしょう。今回はタダルフィルの効果などを簡潔にまとめてみていきたいと思います。
まず、タダルフィルというのはシアリスという薬のジュネリック医薬品の名前です。タダルフィルは他のED治療薬と比べても近年開発されたために期待できる効果が非常に高いのが特徴でもあります。
そんなタダルフィルはED治療薬を使用する際に気になる、効き始めの時間と持続時間が長いことが強みのひとつです。
例えば、他のED治療薬だと持続時間が5時間~10時間ほどなのに対し、タダルフィルは持続時間が20時間~36時間と約7倍もの効果があります。また、効き始めの時間も早く、服用後一時間で性行為に至ることが可能です。
次にタダルフィルの強みとして食事の影響を受けないという事があります。他のED治療薬は一度服用してしまうと、食事をとることによって効果が最大限発揮できなくなってしまうので気を付けなければいけません。しかし、タダルフィルは食事に気を付ける必要性がなく一度服用すれば効果をしっかりと発揮することができます。
このようにタダルフィルは持続時間も長く食事にも影響を受けないので精神的に安心して服用することが出来ます。例えば、従来のED治療薬では服用時間を気にしたり食事を気にすることにより、結局性行為の時には失敗してしまうということがありました。しかし、タダルフィルなら持続時間が長いために半日前から服用することもできるだけでなく食事も気にしなくていいために、普段と変わらない自然な精神状況で性行為に入ることが出来ます。そのために性行為自体を成功する確率が高まります。
このようにタダルフィルは他のED治療薬と比べてもメリットが多いです。ぜひ、ED治療薬を検討している人はタダルフィルを試してみてください。



タダルフィルは精神安定剤と服用できる

2016年12月26日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

ED(勃起不全)で悩んでいる方は多くいますが、その原因として大きく2つがあります。1つは心因性のED、もう1つは加齢によるEDです。この2つの治療にはED治療薬であるタダルフィルは非常に有効なのですが、それに加えて精神安定剤を服用させる医療機関もあります。では、なぜ精神安定剤を同時に服用しなければならないのでしょうか。
まず、心因性という言葉はEDで悩んでいる人は聞いたことがあるかもしれません。例えば、若い頃に性行為を行った際、自身のせいで性行為が失敗に終わってしまうとします。そのときのことをトラウマとして心が憶えてしまい、性行為をしようとしても勃起しないことを心因性のEDといいます。また、加齢によるEDというのは人の体の構造上、老化が進むと生殖の必要性が少なくなり勃起の質も下がってしまいます。それによってEDとなることをいいます。
特に前者の心因性のEDにはタダルフィルは非常に有効で、タダルフィルを服用をすることによって勃起に成功するとします。そして、性行為でも成功を納めることを繰り返すことで自信を付けて最終的にはタダルフィルなしでも性行為をすることができるようになります。
では、医療機関を受診した際に精神安定剤を同時に処方するところもあるのですが、これはなぜでしょうか。
それは少しでも心の不安をなくすという事が目的のようです。
心因性のEDはもちろんのこと、加齢によるEDでも性行為をしようとしたときには様々な不安が押し寄せると思います。本当にうまくいくのか、ちゃんと勃起できるのかなどです。
これらの不安を少しでも和らげる目的で精神安定剤を服用することにより、タダルフィル等のED治療薬の効果を最大まで高めることが出来るのです。
もし、EDで悩んでいてタダルフィルを服用している人は心の不安を取り除くという事を行ってみてください。
それによりタダルフィルの効果を更に高めることができ、性行為を成功させることができるようになります。ぜひ、タダルフィルを利用してEDを治療してみてください。



レビトラについて

2016年11月16日 | カテゴリー 治療薬 | コメントする 

■レビトラとは
レビトラはドイツに本社を持つバイエル薬品が製造する世界で2番目にできたED治療薬です。
日本では2004年に認可されました。

バイアグラとの違いは食事の影響を受けにくいところ。
バイアグラの欠点である『食事の影響』を解消するために開発されたと言っても良いくらいです。
レビトラの成分は『バルデナフィル』。
5mg 10mg 20mgの3種類のサイズがあります。

■レビトラの効果
成分のバルデナフィルは、勃起を妨げる酵素(PDE5)を阻害する働きがあります。
この点は、他のED治療薬と同じ作用ではありますが、
レビトラの特徴はバイアグラに比べ効果の即効性があります。

空腹時であれば服用して20分程度で効果が出始めるのです。
レビトラも性的欲求を高める薬ではないので、薬が効いている間に他の要因で性的興奮が高まった時に勃起しやすくする薬です。

効果の持続時間はおおよそ5~10時間程度。
おおよそというのは薬の量によって持続時間が変わってくるからです。
一般的に処方されるのは10mgと20mg
・10mgでは5~6時間の効果の持続
・20mgでは8~10時間の効果の持続

■レビトラの飲み方
レビトラは前述の通り、即効性があるので20分くらいで効いてきますが、
食事後や個人差で確実に効いてくる時間が変わってきます。
ですので、性行為の1時間程度前に飲むのがオススメです。

食事の影響はバイアグラに比べると受けにくいのですが、
それでも標準的な食事量よりも多い場合には薬の効きはじめる時間や効果が薄れてきてしまいます。

この場合の標準的な食事とは、700kcal程度とされ、
全カロリーの脂肪の割合が30%程度であれば良いとされています。
■レビトラの副作用
レビトラの副作用としては、
目の充血、顔のほてり、動悸、頭痛等です。
強い副作用は少ないとされています。

ただし、心臓疾患、脳の血管疾患の既往歴をお持ちの人は、
使用できない場合あり。
現在治癒しているのであれば、医師の診断、相談の元での服用をオススメします。

通常の副作用であれば薬の効果の持続時間が終わると共に消滅します。



他のキーワードで探す »