タダラフィルとレビトラの違いは

2016年07月09日 | カテゴリー タダラフィル 

ED(勃起不全)で悩んでいる方の中でED治療薬を服用している人、その中でもレビトラを服用している人もいるのではないでしょうか。しかし、レビトラを服用している人の中にはもっといい薬を試してみたいという人がいるかもしれません。そんな方に検討してほしいのがタダラフィルというED治療薬です。
そもそもレビトラというED治療薬は、バイアグラに続いて開発されたED治療薬です。レビトラという名前は先行薬の名前で、ジュネリック医薬品ではバルデナフィルという名前で流通しています。
レビトラを服用すると効果が継続する時間としては、およそ5時間~10時間と言われています。しかし、タダラフィルは一度服用するだけで、およそ20時間~36時間もの間、効果が持続すると言われており、レビトラと比べても3.5倍ほどの継続時間です。
ちなみにタダラフィルはこの継続時間の長さから、金曜日に飲んで日曜日の昼まで効果が持続することからウィークエンドピルともよばれています。
また、レビトラはタダラフィルと比べても副作用のあらわれ方に差があります。
レビトラはバイアグラ等と同じように、副作用が現れる人の割合が約半分以上と言われています。しかし、タダラフィルは副作用が現れる人の割合は約半分以下と言わており、レビトラの半分ほどしかありません。
つまり、タダラフィルはレビトラと比べたときに、一度服用するとレビトラの約3.5倍もの効果継続時間が期待でき、レビトラの半分以下の副作用しかでないということになります。そう考えると、タダラフィルがED治療薬において画期的な薬とされている理由がわかりました。
ただ、レビトラとタダラフィルを比べた時に金額的な面で多少のデメリットがあるかもしれません。レビトラは開発時期や流通時期がタダラフィルと違って早かったために市場での値段も手ごろなのですが、タダラフィルは近年開発されて流通しただけに値段が若干高いことがあります。しかし、効果や副作用をみると多少の値段の差なんて気にするほどではないということがいえるでしょう。
ぜひ、レビトラを服用している方もタダラフィルを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする