バイアグラを利用する際の注意点があります

2016年02月28日 | カテゴリー バイアグラジェネリック | コメントする 

バイアグラの副作用について
夢のED治療薬として世界を席巻したバイアグラですが、一つ注意事項があります。それは強い副作用です。例え健全な成人男性であっても、バイアグラの服用で副作用が現れる事が報告されているのです。主な副作用としては、まず頭痛があります。臨床データでは服用者で1割程度が生じています。また顔や後頭部あたりのほてりや目眩も1割程度の発症率を示していて、男性にとって脳環境のストレスとなって、十分な性的興奮状態に至らないケースも見られます。その他にも鼻詰まりとか動悸、吐き気や胃痛なども人によっては生じています。こういった症状の他にも性機能自体の異常もあります。例えば持続勃起症といって、バイアグラの場合の効果持続時間は4時間前後とされていますが、その4時間を過ぎても勃起状態がおさまらないケースがあるのです。射精後に勃起症状が治まらずに、ずっと継続している場合も心配でしょう。このような症状が度々起こると、実は陰茎組織に損傷が生じたり、勃起機能の完全不能に至る危険があります。ですから、ちょっと異常だと気が付いた場合は担当医にすぐに相談するようにしましょう。

個人輸入の利用者は要注意です
とは言っても、9割前後の利用者がED症状を改善するキッカケとなっているのは事実です。医師のサポートの元で安全に治療をするならば、残りの1割の副作用症状に対しても適切な処置が得られます。怖いのは個人購入者のケースで、先のような異常を見過ごして、結果として最悪の健康被害に至る可能性があります。また、バイアグラの使用を避けるべき条件もありますが、それを知らない個人利用者は結構いるのです。例えばED治療薬は血管拡張による血行アップの作用をしますが、これと同効果を持つ高血圧治療薬や心臓病の薬、動脈硬化の治療薬などを併用してしまう事があります。これは急激な低血圧を発症してショック死もあり得るのです。それから低血圧症の方も同様です。バイアグラには併用禁忌のクスリも複数あって、個人利用の方は十分に注意しましょう。