タダラフィルと他のED治療薬の違いは

2016年04月22日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

ED(勃起不全)で悩んでいる方は”タダラフィル”という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
このタダラフィルは世界中での使用シェア率も約40パーセントと非常に高いのも特徴のひとつですが、ED治療をされている方はタダラフィル以外のED治療薬も試してことがある、もしくは名前ぐらいは聞いたことがあると思います。
タダラフィル以外でED治療薬として有名なのが”バイアグラ”と”レビトラ”です。
このバイアグラは世界初のED治療薬としてアメリカで開発され、恐らくED治療薬といえばバイアグラと答えが返ってくるくらい認知度が高いお薬です。バイアグラは先行薬の名称ですので、ジュネリック医薬品としてはシルデナフィルと呼ばれています。
レビトラはバイアグラに次ぐ第二世代のED治療薬ともいえ、バイアグラの欠点を少し補っている形のお薬になっています。このレビトラも先行薬の名前ですので、バルデナフィルと呼ばれているジュネリック医薬品が存在します。
これら二つのED治療薬ですが、タダラフィルと決定的な差があります。それは効果の持続時間です。
一般的に知られているバイアグラは一度服用するとその持続時間は約5時間といわれています。また、レビトラも用量によりますが5時間~10時間程の持続時間が期待できます。つまり、これらバイアグラとレビトラは服用するタイミングに気を付ける必要性が出てきます。ですので性行為を行いたい時間をしっかりと確認する必要性があります。
これらに比べてタダラフィルの効果持続時間は20時間~36時間と一般的にいわれています。これは持続時間としてはバイアグラの約7倍で、レビトラの約3.5倍です。このことからタダラフィルは”ウィークエンドピル”という名称も付けられています。
もし、ED治療薬を探していて迷っている方がいたら飲み合わせ等に気を付けるとともに効果が長く続く”タダラフィル”を検討してみてはいかがでしょうか。