タダラフィルは服用し続けても安全

2016年07月13日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

ED(勃起不全)で悩んでいる方の中にはED治療薬を服用している人も多いのではないでしょうか。ただ同時に気にするのは薬の安全性や長い間にわたって服用しても安全かどうか等だと思います。
ED治療薬の種類にはいくつもあるのですが、代表的なものとしてはバイアグラやレビトラ、タダラフィルではないでしょうか。この三つの薬は医療機関でも処方されることも多く服用者も多いのが特徴です。
まず、薬の中で依存性が高いといわれるものには神経に効く治療薬が多いのが特徴です。しかし、バイアグラ・レビトラ・タダラフィルの三つとも神経に作用する薬ではありません。この三つのED治療薬は主に陰茎部周辺の血流の流れを増大させるなどして勃起改善を促す効果があるのです。
従って、バイアグラ・レビトラ・タダラフィルの三つとも依存性はないといっていいでしょう。
では、依存性がないからと言って長期的に使用することで根本的に治療できるかというとそうではありません。EDにはいくつか要因がありますが主に二つが大部分を占めているといわれています。
一つ目は心因性のEDです。心因性というものは心の影響からEDになってしまうということです。例えば、過去に性行為を行った際に上手くいかずに女性から何か言われた経験がトラウマになり勃起できなくなるといったケースです。
二つ目は年によるEDです。男性の皆さんなら経験があるとは思いますが、若い頃の性欲というものは非常に強いものがあります。しかし、年を取ると勃起をする回数が減ったり、勃起の質自体が低下してしまうというケースです。
この二つの要因は確かにED治療薬を飲むことで治療できる可能性はあります。特に一つ目に挙げた心因性のEDは、ED治療薬を服用することにより性行為を成功させると自信が付き、ED治療薬無しでも勃起することができるようになるということです。
しかし、二つ目に挙げた加齢によるEDは人間的な機能としてどうしようもないことです。若い頃は繁殖をしなければならないので性欲も強く勃起もしますが、年を取ると繁殖の必要性が無くなり勃起自体をしなくてよい体になってしまうのです。
ただ、ED治療薬を使うことによって勃起の質自体を改善することでパートナーとの性行為を楽しみたいという人にはタダラフィルなどはオススメできます。
従って、性行為を改善したいという人でも依存性がないタダラフィルなら安心して服用できるので、検討してみてはいかがでしょうか。



タダラフィルとバイアグラって何が違うの

2016年07月11日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

一般的にバイアグラといえば勃起改善に効果があると思うほど認知度が高いED治療薬といえるのではないでしょうか。ただ、実際にED(勃起不全)で悩んでいる方はバイアグラ以外にもタダラフィルというED治療薬があることを知っている人も多いと思います。
しかし、実際にはどのように違うか分からないので服用するのを迷っているという人のためにバイアグラとタダラフィルがどのように違うか比べていきたいと思います。
バイアグラはED治療薬としてはアメリカで世界初のED治療薬として開発されました。バイアグラは先行薬の名称でジュネリック医薬品としてはシルデナフィルという名前で販売されています。一方でタダラフィルは近年開発されたED治療薬であり、シアリスという名前の先行薬があり、そのジュネリック医薬品がタダラフィルです。
まず、ED治療薬の効果持続時間で比べてみたいと思います。
バイアグラは一度服用すると約5時間の持続効果が期待できると言われています。しかし、タダラフィルは一度服用するだけで約20時間~36時間もの持続効果が期待できます。つまり、バイアグラに比べて約7倍もの効果があるということです。
次に副作用という点で見ていきたいと思います。
バイアグラは一度服用すると約半分以上の人が何らかの副作用を感じるというデータがありますが、タダラフィルは一度服用しても副作用を感じる人の割合が半分以下なのです。
従って、タダラフィルはバイアグラと比べて、7倍の持続時間で半分以下の副作用しかもたない薬だという事です。
では、タダラフィルのデメリットはなんでしょうか。
バイアグラと比べた場合は2つほどのデメリットがよく挙げられます。1つはバイアグラに比べて値段が少しだけ高いという事。2つ目は血液透析を受けている患者さんは服用することができないことです。
しかし、逆に言えばバイアグラと比べてもデメリットはこれだけしかないということです。
ぜひ、バイアグラを服用している人もタダラフィルを検討してみるのもおすすめです。



タダラフィルとレビトラの違いは

2016年07月09日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

ED(勃起不全)で悩んでいる方の中でED治療薬を服用している人、その中でもレビトラを服用している人もいるのではないでしょうか。しかし、レビトラを服用している人の中にはもっといい薬を試してみたいという人がいるかもしれません。そんな方に検討してほしいのがタダラフィルというED治療薬です。
そもそもレビトラというED治療薬は、バイアグラに続いて開発されたED治療薬です。レビトラという名前は先行薬の名前で、ジュネリック医薬品ではバルデナフィルという名前で流通しています。
レビトラを服用すると効果が継続する時間としては、およそ5時間~10時間と言われています。しかし、タダラフィルは一度服用するだけで、およそ20時間~36時間もの間、効果が持続すると言われており、レビトラと比べても3.5倍ほどの継続時間です。
ちなみにタダラフィルはこの継続時間の長さから、金曜日に飲んで日曜日の昼まで効果が持続することからウィークエンドピルともよばれています。
また、レビトラはタダラフィルと比べても副作用のあらわれ方に差があります。
レビトラはバイアグラ等と同じように、副作用が現れる人の割合が約半分以上と言われています。しかし、タダラフィルは副作用が現れる人の割合は約半分以下と言わており、レビトラの半分ほどしかありません。
つまり、タダラフィルはレビトラと比べたときに、一度服用するとレビトラの約3.5倍もの効果継続時間が期待でき、レビトラの半分以下の副作用しかでないということになります。そう考えると、タダラフィルがED治療薬において画期的な薬とされている理由がわかりました。
ただ、レビトラとタダラフィルを比べた時に金額的な面で多少のデメリットがあるかもしれません。レビトラは開発時期や流通時期がタダラフィルと違って早かったために市場での値段も手ごろなのですが、タダラフィルは近年開発されて流通しただけに値段が若干高いことがあります。しかし、効果や副作用をみると多少の値段の差なんて気にするほどではないということがいえるでしょう。
ぜひ、レビトラを服用している方もタダラフィルを検討してみてはいかがでしょうか。



ED治療薬の副作用

2016年07月07日 | カテゴリー 治療薬 | コメントする 

■ED治療薬の副作用とは?

ED治療薬には副作用があります。
体質や体調等で個人差がありますが自覚していないのも含めて副作用は起こります。

代表的な副作用をED治療薬の種類別にまとめてみました。
1%以上の確率の副作用は、よく起こること。
1%未満のものは、たまに起こること。
頻度不明と分類しているのは、可能性は低いが副作用が起こると危険な症状も含まれています。

・バイアグラの副作用
1%以上の症状
血管拡張による、ほてり、潮紅、頭痛

0.1~1%未満の症状
動悸、胸痛、頻脈、めまい、昏迷、消化不良、胃腸障害、腹痛、鼻炎、筋肉痛、関節痛、
結膜炎、目の充血、視覚障害、熱感等

頻度不明
心筋梗塞、低血圧、失神、尿路感染、勃起の持続時間延長、前立腺疾患、
網膜静脈閉塞等

・レビトラの副作用
1%以上の症状
ほてり、頭痛、めまい、消化不良、吐き気、鼻づまり
0.1~1%未満の症状
顔面浮腫、高血圧、低血圧、頻脈、不眠症、呼吸困難、鼻出血、筋肉痛、関節痛、
腹痛、下痢、胃炎、食道炎、視覚障害、結膜炎、胸痛、関節痛、筋骨格痛、めまい、睡眠障害、鼻炎

頻度不明
心筋梗塞、一過性全健忘、紅斑

・シアリスの副作用
1%以上の症状
頭痛、筋肉痛、潮紅、鼻閉

0.2~1%未満の症状
動悸、ほてり、眼の異常感、かすみ目、胃炎、嘔吐、腹痛、胃食道逆流性疾患、

頻度不明
心筋梗塞、心臓突然死、失神、脳卒中

■ED治療薬で最も多い副作用がコレ!
薬の種類とデータにもよりますが、
やはり副作用の件数が多いのは、
『頭痛』『ほてり』です。

これらの副作用が起こる確率は10%以上を超えているデータもあります。
他の副作用も含めて、注意してみましょう。

ただし、そこまで神経質になる必要もなく、軽い頭痛が起きたら『あぁ薬のせいか』という気持ちでいることも、
パニックにならないコツです。

■ED治療薬の副作用が表れやすい人
特にED治療薬の副作用が表れやすい人を挙げていくと、
・薬剤アレルギーを持っている人
・低血圧な人
・高血圧な人
・現在、または過去に心臓疾患があった人
・脳梗塞の既往歴がある人
・睡眠不足の人
・疲れている人

■持病がある人は注意!
現在、持病がある人の服用は注意が必要!
心臓疾患や脳梗塞等の他にも血管系の疾患がある人。
糖尿病やメタボの人もED治療薬がうまく働かない可能性があります。

服用の際は医師による診察を受けましょう。



ED治療薬の入手方法

2016年07月05日 | カテゴリー 治療薬 | コメントする 

■ED治療薬を手に入れる方法とは?

ED治療薬は、個人で街のドラッグストアにいっても手に入りません。
国内の通販サイト、オークションサイトでも購入できません。
個人間の売買等は違法行為なので絶対にしてはなりません。

現在日本国内で合法でED治療薬を手に入れる方法は、
おおむね2つの方法に絞れます。
順番に説明していきましょう。

■病院に行く

最も選ばれる方法が病院に行って、医師の診察を受けること。
ちなみにED治療薬に関しては『ED専門の医師』のいる病院がオススメです。

診察を受けての処方、投薬になりますが、
『診察時に性器を見せるのに抵抗がある・・・・』という方もいるようですが、

基本的にはそのようなことはありません。
ED治療薬に関しては問診と血圧測定だけで処方される場合が多いようです

治療の過程で器質性のEDや性器自体に異常があることがわかれば、
性器の診断も受ける可能性はありますが・・・

通常だとありません。
診察自体はすぐに終わる簡単なものです。

また、1回に処方できる薬の数は自由診療の薬なので特に制限はありません。
ただし、クリニックの判断で上限を設けていることが多いようです。

1錠からでも購入できますし、一般的な量としては、バイアグラであれば1シートの10錠程度、
多くても1ヶ月分にあたる30錠程度が目安でしょう。

■個人輸入をする。

ED治療薬を手に入れるのに、
・わざわざ病院に行くのが面倒臭い。
・EDであることを他人に伝えるのが恥ずかしい。
・1度診察を受けて服用して反応が良いのでリピートしたいけど面倒。
等といった声が多数聞かれます。

本当は病院での診察を受け、ED治療薬を手にいれるのが一番良いのですが、
上記の理由等で病院に行くのが嫌だ。面倒だ。
という方には1つ方法があります。

それは『個人輸入』です。
ED治療薬の個人輸入と言っても、もちろん”違法”ではありません。

薬事法では海外の薬を個人で使用する分として輸入するのは認められています。
ただし、通常の薬だと2ヶ月分が上限の目安とされているが、
ED治療薬の場合は、1日1錠の用量で1ヶ月分。
つまり30錠までが目安とされています。

■ED治療薬に健康保険は適応?
ED治療薬は健康保険の適応外です。
診察を受けての処方ではありますが、保険証も必要ありません。
診察代や薬代は病院によってマチマチです。

■ED治療薬の個人輸入の仕方
ED治療薬の個人輸入の仕方ですが、
個人で海外の薬の販売業者と連絡を取っても良いのですが、難易度が高いのも事実です。

日本国内の通販サイトの中には、
ED治療薬の個人輸入の代行を行ってくれる業者もあります。

病院で手にいれるよりも安く済むこともあるので選択肢の1つと考えても良いでしょう。



他のキーワードで探す »