シアリスについて

2016年10月16日 | カテゴリー 治療薬 | コメントする 

■シアリスとは
日本では2007年に認可された新しいタイプのED治療薬です。

長時間緩やかに効果が続くという特徴があります。
シアリスの成分は『タダラフィル』と呼ばれる成分で、
バイアグラとの違いでは、より長時間の効能が期待できます。

10mgと20mgの薬が存在し、それぞれ効能の持続時間が違うので好みや状況に応じて使っていくと良いでしょう。

■シアリスの効果
バイアグラと同じく、勃起を妨げる酵素(PDE5)を阻害する働きがあります。
シアリスの効果は、長時間続きます。
10mgでは20~24時間
20mgでは30~36時間
の持続時間があります。

ただし、この時間全てに勃起が続いてしまうといったことではなく、
性的興奮に反応し勃起するメカニズムなので、性欲自体に働きかけるものではありません。

全体的に持続時間が長いのに加えて、効果の強さはマイルドです。
他のED治療薬に比べて、緩やかに効果が続くので、
軽度のEDの方、中折や硬さが充分でない人に最適。

■シアリスの飲み方
性行為の2時間前までの服用とされています。
ですが、持続時間が長いので性行為の時間が前もって特定できない場合には、
12時間程度前に飲んでいても問題は無いでしょう。

空腹時の服用が基本的にはオススメですが、
他のED治療薬(バイアグラやレビトラ)に比べ、食事の影響が少ないのが特徴なので、
あまり気にせずに飲んでもOKです。

ただし、たくさん食べてしまうのは効果が薄れる可能性があり、
食事量ではだいたい『800kcal』が目安とされています。
その範囲内であれば問題無いでしょう。

■シアリスの副作用

シアリスは他のED治療薬と比べて緩やかに続くという効果があるので、
副作用に関しても弱いのが特徴。
ただし、副作用も弱いが長く続く可能性もあります。

主な副作用は、
顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸等です。

飲んではいけない人は、
心臓疾患のある方、脳梗塞、脳出血の既往歴がある人。

ただし半年や数年前の過去の病気で完治した場合であれば服用可能な場合もあるので、医師の診断を受けて相談しましょう。



バイアグラについて

2016年09月26日 | カテゴリー 治療薬 | コメントする 

■バイアグラとは
アメリカで1998年、日本では1999年に認可された
世界で初めて製品化されたED治療薬です。
バイアグラに含まれる有効成分は「シルデナフィル」です。

製品として日本で承認を得ている規格は、
25mgと50mgの2つになります。

海外では100mgという製品もあるので100mg自体が偽物というわけではありません。

■バイアグラの効果
成分のシルデナフィルはペニスの勃起を抑制するPDE5という酵素の働きを阻害する働きがあります。
このPDE5という酵素は血管の拡張を抑える働きがあるので、この酵素の働きを阻害することによって、
血管の拡張が起こり、陰茎に血液が集まりその結果勃起が起こるというメカニズムです。

この為、性欲自体を増進するタイプの薬ではありません。
ですので、射精が終わって性欲が落ち着いている状態でもずっと勃起しているわけではなく、更に性的欲求があった時には、また勃起しやすくなります。

バイアグラは器質性ED以外のEDに効果が見込めます。
特に、
・硬さが充分ではない。
・朝立ちはするがセックス時に萎えてしまう。
・最後まで勃起を維持できない。
・オナニー時には勃起できる。
・全く反応しないわけではない。
といった方には、かなりの確率で効果が見込めます。

バイアグラの効果の持続時間は5~6時間です。

■バイアグラの飲み方
バイアグラは食事に影響される特性があります。
ですので、食事前後1時間半程あけて服用するのがオススメ。
空腹時だと尚、ベターです。

服用してから効果が表れるのが30分~1時間程度と言われているので、
遅くとも性行為の30分前には服用しておきましょう。
また、1日1錠の使用にとどめておきましょう。

■バイアグラの副作用
バイアグラの代表的な副作用は、
頭痛、動機、目の充血、顔が赤くなる等があります。

薬の効果が無くなると共に、副作用も消滅するのが一般的。

これらの副作用は基本的には、そんなに激しい物ではありません。
ただし、人によってその日の体調や個人差があるので注意が必要。

バイアグラの成分に対して、アレルギー症状が出た場合には服用を中止すること。
また、
心臓疾患のある方の服用は原則禁止。
どうしても服用したい場合には医師に相談しましょう。



タダルフィルは本当にEDが効くの

2016年08月29日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

ED(勃起不全)といってもその原因は多種多様です。しかし、EDを治療したい人からするとED治療薬を使った治療が有効なら使ってみたいと思う人が多いと思います。ED治療薬というとタダラフィルは近年非常に有効的な薬として認知されていますが果たして本当にEDに有効かどうかを見ていきたいと思います。
EDの原因は多種多様だといいましたが大きく分けて考えると2つに絞ることができます。一つは心因性のEDで、もう一つは年によるEDです。
心因性のEDは若い人に多く見られることで有名で、過去のトラウマなどが原因とされています。例えば、初めて付き合った彼女と交際が進展し性行為をするとなったときに相手の女性が経験豊富かつ男性が初めてというときに性行為が上手くできなかったために女性から何かを言われて、それがトラウマとなりEDとなってしまうのです。
これと異なり、年によるEDというのはトラウマ等が原因ではありません。人は若い頃は性欲が強いものです。例えば、男性の皆さんなら経験があると思いますが、ちょっとしたことで勃起をしてしまうなどいつでも性行為ができるような体になっています。
しかし、人間も動物ですので年を取ると生殖の必要性が薄くなってきます。従って年を重ねるごとに性欲は減退していき勃起の質も悪くなりEDとなってしまいます。
では、これらを原因とするEDにタダラフィルは有効なのでしょうか。
一つ目の心因性のEDにはタダルフィルは非常に有効と言えます。理由としてタダルフィルを服用することにより勃起に成功し性行為を行う事により自信を付けていき、最終的にはタダラフィルなしでも性行為を行うことが出来るようになります。
しかし、一方で加齢によるEDは根本的な解決をタダルフィルで行う事は難しいでしょう。やはり、加齢によるEDは人間としての自然な仕組みですので治療薬をもってしても難しいです。ただ、勃起の質を改善させることによって性行為を成功させるという事はタダルフィルで十分に可能です。

ご参考:タダラフィルシアリスジェネリックは上記よりこちらが詳しいです。



タダラフィルは服用し続けても安全

2016年07月13日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

ED(勃起不全)で悩んでいる方の中にはED治療薬を服用している人も多いのではないでしょうか。ただ同時に気にするのは薬の安全性や長い間にわたって服用しても安全かどうか等だと思います。
ED治療薬の種類にはいくつもあるのですが、代表的なものとしてはバイアグラやレビトラ、タダラフィルではないでしょうか。この三つの薬は医療機関でも処方されることも多く服用者も多いのが特徴です。
まず、薬の中で依存性が高いといわれるものには神経に効く治療薬が多いのが特徴です。しかし、バイアグラ・レビトラ・タダラフィルの三つとも神経に作用する薬ではありません。この三つのED治療薬は主に陰茎部周辺の血流の流れを増大させるなどして勃起改善を促す効果があるのです。
従って、バイアグラ・レビトラ・タダラフィルの三つとも依存性はないといっていいでしょう。
では、依存性がないからと言って長期的に使用することで根本的に治療できるかというとそうではありません。EDにはいくつか要因がありますが主に二つが大部分を占めているといわれています。
一つ目は心因性のEDです。心因性というものは心の影響からEDになってしまうということです。例えば、過去に性行為を行った際に上手くいかずに女性から何か言われた経験がトラウマになり勃起できなくなるといったケースです。
二つ目は年によるEDです。男性の皆さんなら経験があるとは思いますが、若い頃の性欲というものは非常に強いものがあります。しかし、年を取ると勃起をする回数が減ったり、勃起の質自体が低下してしまうというケースです。
この二つの要因は確かにED治療薬を飲むことで治療できる可能性はあります。特に一つ目に挙げた心因性のEDは、ED治療薬を服用することにより性行為を成功させると自信が付き、ED治療薬無しでも勃起することができるようになるということです。
しかし、二つ目に挙げた加齢によるEDは人間的な機能としてどうしようもないことです。若い頃は繁殖をしなければならないので性欲も強く勃起もしますが、年を取ると繁殖の必要性が無くなり勃起自体をしなくてよい体になってしまうのです。
ただ、ED治療薬を使うことによって勃起の質自体を改善することでパートナーとの性行為を楽しみたいという人にはタダラフィルなどはオススメできます。
従って、性行為を改善したいという人でも依存性がないタダラフィルなら安心して服用できるので、検討してみてはいかがでしょうか。



タダラフィルとバイアグラって何が違うの

2016年07月11日 | カテゴリー タダラフィル | コメントする 

一般的にバイアグラといえば勃起改善に効果があると思うほど認知度が高いED治療薬といえるのではないでしょうか。ただ、実際にED(勃起不全)で悩んでいる方はバイアグラ以外にもタダラフィルというED治療薬があることを知っている人も多いと思います。
しかし、実際にはどのように違うか分からないので服用するのを迷っているという人のためにバイアグラとタダラフィルがどのように違うか比べていきたいと思います。
バイアグラはED治療薬としてはアメリカで世界初のED治療薬として開発されました。バイアグラは先行薬の名称でジュネリック医薬品としてはシルデナフィルという名前で販売されています。一方でタダラフィルは近年開発されたED治療薬であり、シアリスという名前の先行薬があり、そのジュネリック医薬品がタダラフィルです。
まず、ED治療薬の効果持続時間で比べてみたいと思います。
バイアグラは一度服用すると約5時間の持続効果が期待できると言われています。しかし、タダラフィルは一度服用するだけで約20時間~36時間もの持続効果が期待できます。つまり、バイアグラに比べて約7倍もの効果があるということです。
次に副作用という点で見ていきたいと思います。
バイアグラは一度服用すると約半分以上の人が何らかの副作用を感じるというデータがありますが、タダラフィルは一度服用しても副作用を感じる人の割合が半分以下なのです。
従って、タダラフィルはバイアグラと比べて、7倍の持続時間で半分以下の副作用しかもたない薬だという事です。
では、タダラフィルのデメリットはなんでしょうか。
バイアグラと比べた場合は2つほどのデメリットがよく挙げられます。1つはバイアグラに比べて値段が少しだけ高いという事。2つ目は血液透析を受けている患者さんは服用することができないことです。
しかし、逆に言えばバイアグラと比べてもデメリットはこれだけしかないということです。
ぜひ、バイアグラを服用している人もタダラフィルを検討してみるのもおすすめです。



« 戻る他のキーワードで探す »